オプションをつけたことが原因になるケースが多い

業者に予算があることを伝えれば、金額をしっかりと考慮した上でそれに近い住まいを紹介してくれます。2000万円しか用意できないのに2500万円の住まいを紹介されることはないので、最初の時点では予算と見積もりの乖離が大きいということはないでしょう。しかし、いろいろと話を進めていき最終的に見積もりを出してもらうと、予算との乖離が大きくなってしまうケースもあります。そのようになる原因は業者にあるのではなく、依頼者側にあることが多いので気をつけましょう。なぜならば、紹介された状態で住まいを購入するのではなく、いろいろなオプションをつけているケースが多いからです。つまり、キッチンを変更したり壁の色を変えたり、いろいろなオプションを付け加えることで最初の金額よりも高くなってしまっているのです。

業者には予算を低めに伝えよう

営業マンのセールストークはとてもうまいので、ついついオプションをつけてしまうのはよくあることです。もしも、予算と見積もりの乖離が大きくなるのを防ぎたい場合は、最初に業者に伝える金額を低くしておきましょう。オプションのために利用するかもしれない金額を最初から差し引いておけば、最終的な見積もりが予算と大きく乖離してしまうことはないです。なお、予算を低めにいっても見積もりが高くなってしまった場合は、コストダウンできるところがないか業者に相談してみましょう。設備を削ったり利用する素材を変更したり、予算内に納めるためのノウハウを業者はたくさん持っています。できる限り依頼者の希望を叶えた上でコストダウンする方法を提案してくれるので、根気強く相談してみましょう。

最近の新築一戸建ては耐久性に優れた素材が使用されているほか、最新の設備も備えられています。よって、住宅の維持にかかる費用が安くなるというメリットが得られます。